postheadericon ケースバイケース

会社とて経費削減や利益追求のために、突っ込まれると穴のある就業規則をわざわざ作るわけではありませんから、就業規則内の残業手当の規定に法的に問題がないと判断されれば、残業代請求をストレートに行うことは難しくなります。… Read more

postheadericon 開示請求

残業代請求の手順において、もし自分が残業した証拠がうまく集められなかったとしても、会社には要請に応じて直近3年間の従業員の勤務記録を開示しなければならないという義務があります。つまり、弁護士始め関係省庁など公的に、または従業員本人から開示を求められた場合は、速やかにその記録を開示しなければならないとされているのです。… Read more

postheadericon 残業の証拠

自分が残業した分の手当が支払われないことに対して、何らかの処置を取りたいと思ったときには、弁護士事務所の門を叩くことをおすすめします。自分1人で会社に乗り込んで行っても、就業規則に反しない範囲で給与計算が行われているわけですから、明らかな計算ミスでもなければ取り合ってくれないことは想像に難くありません。… Read more

postheadericon 管理される残業代

会社経営者及び管理職は、労働者の労働状況を管理する必要があります。また、人件費を含めた諸経費の管理も行わなければならず、その調整に知恵を絞っているわけです。無駄な残業はさせないということが大前提であり、そういった業務進捗と勤務態度の管理ももちろん含まれてきます。… Read more